時間:2023年3月

お客様事例:お客様が使いたいと思った 暗闇で光る顔料 ワニスと混ぜて表面に吹き付けます。 セラミック マグカップを光らせるために、私たちのものを使うことにしました。 超高輝度グレード防水 黄緑蓄光顔料 YG-D6-RW: 20-30μm

❶ 混合媒体:低温ワニス

❷使用工具:トップポットガン(ノズル径:1.0)

❸ 塗布量と重ね塗り:ワニス10g + 蓄光顔料5g、3回塗り

問題: たるみ現象

暗闇で光るペイント

理由の分析と推奨事項:

暗闇で光る顔料 比重が大きいため、ワニスの粘度調整に注意が必要です。低温ワニスは薄いので、少し粘度を上げることをお勧めします。

暗闇で光るペイント 3回塗りだと少し厚くなるかもしれないので、1〜2回塗りに減らすことをお勧めします。

❸スプレーする場合は、凝集を避けるため、1回目の塗装がほぼ乾燥してから2回目の塗装を行ってください。

❹ カップ表面の凸部も凹みを悪化させ、はみ出た部分の液が溝に残ってしまう可能性があり、平らに塗装しておけば良かったかもしれません。