最終製品では、暗闇で光る顔料の割合が最大でも 10% ~ 15% を超えてはなりません。そうしないと黒くなりやすくなります。具体的な割合は、コストや試験状況に応じてお客様にて総合的にご検討いただく必要があります。

1.無色透明のPH6~8の液体培地と混合する必要があります。
2.摩擦による不純物を避けるために、混合する際には陶器や木製の道具を使用し、鉄製品の使用は避けてください。
3.暗闇で光る顔料は、明るさを保護するために粉砕することはできません。

はい、非毒性、非放射線で安全で環境に優しいです。当社の暗闇で光る顔料は、欧州環境基準の SVHC を満たしています。

蓄光マスターバッチ中の蓄光パウダーの含有量が多いほど、暗闇での蓄光はより明るくなります。ただし、最終製品では、暗闇で光る顔料の割合が最大でも 10% ~ 15% を超えてはなりません。そうしないと黒くなりやすくなります。具体的な割合は、コストや試験状況に応じてお客様にて総合的にご検討いただく必要があります。

暗闇で光るマスターバッチは分散性に優れており、暗闇で光る顔料はコストパフォーマンスに優れています。

はい、非毒性、非放射線で安全で環境に優しいです。当社のマスターバッチの暗闇で光る顔料は、欧州環境基準の SVHC を満たしています。

1.無色透明のPH 6-8プラスチックマスターバッチと混合する必要があります。
2.生産工程における摩擦を軽減します。

40%~50%は大丈夫です。用量が多いほど、塗料は明るくなります。当社のテストによると、投与量が50%を超えると、明るさはあまり向上しません。

  1. 高輝度グレードの顔料を変更して輝度を向上させることができます。
  2. 印刷回数を増やすと、蓄光顔料の適用範囲が広がります。
  3. 白インクをベースとして印刷して、発光効果を向上させることができます。

最終製品では、暗闇で光る顔料の割合が最大でも 10% ~ 15% を超えてはなりません。そうしないと黒くなりやすくなります。具体的な割合は、コストや試験状況に応じてお客様にて総合的にご検討いただく必要があります。

  1. 無色透明のPH 6~8の液体培地と混合する必要があります。
  2. 生産工程における摩擦を軽減します。
  3. 暗闇で光る顔料は、明るさを保護するために粉砕することができません。
  4. 沈殿を防ぐために混合しながら使用してください。