時間: 2023年5月

事例:黄緑を選択 防水蓄光顔料 超高輝度グレード。水性アクリル絵の具や関連溶剤と混ぜて、明るい水彩画を作成します。

発生した問題:顧客は、発光水彩サンプルをテーブルの上に 5 分間置いたと言いました。日中、表側と裏側で色が異なります。お客様が上記の光る水彩絵の具を暗い部屋に持ち込んだところ、上を向いている部分は明るく、下を向いている部分は明るくありませんでした。

防水暗闇で光る顔料2
防水暗闇で光る顔料 1 1

分析とソリューション:

クライアントの質問を十分に理解した後、私たちはすぐに答えました。光る水彩画をテーブルの上に置くと、上を向いた部分が常に周囲からの光を吸収し、わずかに照らされて明るく見えます。下を向いた部分は覆われて光が吸収されないため、暗く見えます。暗室にサンプルを取り込んだ場合の明るさの違いも同様の理由です。

したがって、この「色の違い」は不均一な光の吸収の結果です。夜光水彩をテーブルの上に垂直に置くと、ボトル全体が均一に光を吸収し、日中でも色の違いが生じません。暗闇でも均一に光ります。

このケースが、暗闇で光る顔料の特徴と用途をより深く理解し、使用する際の混乱を解決するのに役立つことを願っています。